【雑記】2019/6/17(月)

2019/6/17(月)

■創作小説「二人の間」
 最近、調子はどうなの? 開口一番、乃里子のセリフはよくある問いかけだった。
「まあ、ぼちぼちかな」隆一の返答もよくある内容だった。
「ふーん」いかにも気のないといった風の乃里子の返答は声量が小さかった。
 それは、週末に突然訪れた悪天候の雨音にかき消されそうなほどだった。
 二人の間にしばし、何とも言えない沈黙の間ができた。
 彼らは、とある社会人サークルの一員である。それ以外は特に共通点はなく、住んでいる場所も近くはあるが行き来したことはほとんどない。
 サークル全体の活動がある時くらいしか顔を合わせない関係だ。いわば、よく顔を知っている赤の他人というものだ。
 距離感としては、職場の仕事仲間と似たようなところがある。彼らの姿はサークルのメンバーにはいったいどう映っているのだろうか。
 微妙な沈黙を破り、口を開いたのは乃里子のほうだった。
「なんか、噂で聞いてるんだけど」
「どんな?」
「最近は、一夜の火遊びをお楽しみらしいとか」
「ああ」
 何の探りを入れているかと思えば、そのことか。
「あとで、ゆっくり話すよ」
 通り雨だったのか、途端に雨の止んだ空は名残惜しそうな灰色をしていた。

■副業アイデアマッチングアプリの有効活用法」
 トイレ休憩に行って、ふと思い浮かんだアイデアがある。マッチングアプリで私が行なっていることを収入の種にできないかというものだ。
 例えば、私はTinderで通常の使い方をしていない。普通の人は課金してLikeの数を無限にして、ガンガン右スワイプさせているだろう。
 私は、どんなに面倒でもプロフィール写真をざっと眺めてプロフィール本文も流し読んでから右スワイプしている。
 もちろん、これくらいは少し使い慣れた人ならだれでも行なっているとは思う。
 次に、少数派の使い方を説明しよう。Tinderのプロフィールはきちんと読んでみると意外とお得な情報が記載されていることに気づく。
 Tinderのプロフィールは基本的に何を書いてもOKであるため、まじめな紹介文からふざけたものまでさまざまある。
 そしてたまに、プロフィールにLINEのIDやカカオのIDを載せている人がいる。
 こうした女性になら、マッチしなくても連絡が取れるわけだ。ただし、連絡をとれたとしても注意点はある。
 ①LINEを記載している人が素人じゃない場合
 このケースがほとんど。パターンは大別して二つある。
 パターン1.誘導業者
 いまだにはびこっている手口。例えば、記載されたLINEのIDを登録してみると、なぜか通常のLINEと異なる灰色の☆付きアイコンのアカウントだったりする。
 このアカウントは200%確実に業者アカウント。やりとりしても最終的に別のサイトのURLを貼られてそこで連絡を取ろう、と言われて終了だ。
 また、通常の緑アイコンのアカウントでも誘導業者はいる。もちろん、やりとりしても灰色アカウントの場合と同じ流れになるだけだ。
 Instagramのアカウントだと、これがCamgirlという怪しい肩書がInstagramのプロフィールに記載された女性になる。
 このアカウントと連絡を取ると、やり取りの中で決まり文句が出てくる。

 パターン2.援助系
 素人との出会いを基本的に求めている人がほとんど思われるため、これも注意点を記しておく。
 この手の人とやりとりすると、返事がやけに早いのだが、自分の泊まっているホテルを紹介され、金額は〇万円と提示される、という流れだ。


■誘導業者のうざさ
 出会い系サイトやマッチングアプリをやっていると、誘導業者というのによく出くわす。
 誘導業者とは何かを簡単に説明する。プロフィールにユーザーの気を引くような内容・写真にして、LINEやカカオのIDを記載しておく。
 それを見て連絡を取ってきたユーザーを別のサイトに誘導して、そこに登録させようとするという業者のことを言う。
 この手のプロフィールを記載した女性は100%詐欺業者と断言できる。
 別にLINEやカカオで連絡を取れるにも関わらず、わざわざ別のサイトに誘導する道理がないからだ。
 こうした業者の送信してくる文面を見ると、必死こいているという表現がぴたりと来る。
 騙してやろうという心根が透けて見えるのだ。
 今どき、インターネットの情報が発達してこうした手口はもはや通用しないはずなのに、いまだに後を絶たない。
 おそらく、引っかかる人がごく少数はいるのだろう。でなければ、とっくの昔にこの手の業者は駆逐されているはずだ。
 そのうち、ある事実に気づいた。こうした誘導業者の必死になってこちらを騙そうとする姿が、男が女を口説くのに必死になっている姿とまるかぶりしているではないか。


■何を根拠にしているか
 どんな集団・組織でも何かしらの軸というか芯を持っていなければ、成り立たない。
 例えば、会社という組織は、金銭が発生し、利益を獲得する「仕事」という共通目標を達するための集団だ。

【雑記】2019/6/14(金)

2019/6/14(金)
■時間とお金
 時間を節約しようとすると、お金がかかる。
 お金を節約しようとすると、時間がかかる。
 例えば、どこか目的地に行こうとして交通機関を使おうとする。
 電車で新宿に行こうとすれば時間を節約できるが、お金はかかる。
 自転車で新宿に行こうとすれば、お金を節約できるが、時間はかかる。
 時間とお金は、基本的にトレードオフだ。
 片方が成り立ってももう片方が成り立たない。
 このギャップを埋めるにはどうするか。
 残念ながら、私の今の頭では時間とお金をどうにかする妙案はない。

【雑記】2019/6/12(水)

 

2019/6/12(水)
■気になったnoteの記事の抜粋

 副業について色々ネットで検索をかけて出てきた記事がある。
 以下から抜粋記事。

------------

ー次に来るのは、自分サイズ起業ブーム?何ですかそれ。

これは編集者としての未来予測です。

 最近お金系は、情報需要があまりにもチャラい方向に動きすぎた。仮想通貨、FX、インフルエンサービジネスなどです。
 FXや仮想通貨など相場モノは基本的に丁半です。つまり勝つ確率半分、負ける確率半分。で、この事実は僕らのような「情報のディーラー」にとってはいいことです。
 常に市場から一定数の撤退者が出るからですね。仮想通貨ブームは、一般層からかつてない人口を投資界隈に取り込み、かつ退場者を出しまくった。傷心した彼らが必要としてる情報は何かを予測して、そこに張れば、売上が立つ可能性が高い。
 インフルエンサービジネスも長いですね。アメブロブーム(2010~)YouTuberブーム(2014~)や、プロブロガーブーム(2015~)も、
  突き詰めれば、多くの人にとっては再現性のない、水商売であり虚業なので。
 なので、逆に「しっかりと稼ぐ」系の方向に揺り戻しがくるのではないか。起業ブームです。
 以前つぎの情報需要は「副業」「マーケティング」あたりに流れると予想しましたが、要するに、「個人が小規模で始められるビジネスに必要になる知識全般」です。

<具体的なスキル系>
・プログラミング
・デザイン
・ライティング
せどりや転売

ロールモデル系>
フリーランス
・チャンク/パラレル/ギグワーカー
・ペルソナ別キャリア論

<ビジネスモデル構築に必要な知識系>
マーケティング
・マネジメント
ファイナンス

フリーランス」「デザイン」「プログラミング」など、再現性が高い「稼ぐための情報需要」が増すはず。市場に価値を流して対価を取るには、具体的なスキルが必要だ、と。

-------------

【感想】
 これからの時代は自分サイズ起業がブームとのことで、確かにその流れになっている。政府のほうでも副業解禁の流れをアナウンスしている。
 そうなると、そこに情報商材としての売込みをかけられるということのようだ。私自身にこの方面のノウハウはないため参考にできるnoteかは不明だ。
 ただ、単純に文章がうまいためさらりと読めてしまう内容だった。

 

■タイプ別女性攻略法
★やり目ビッチ系
●概要
 マッチングアプリにもいる。
 大抵はデブスだったりする。
 太いだけあって肉感的ではあるため抱き心地はいい。

 とはいえ、容姿は微妙なためこちらの元気はほどほど。
 2人自宅に連れ込んだが、達するまで時間がかなりかかった。これがかわいい女の子相手なら、すぐにでも終わってしまうだろう。
 マッチングアプリを使って3人ONできたが、どの子もぽちゃあるいはかなり太いという子ばかりだった。
 ただ、なぜかは不明だが私が一軒目の居酒屋でおごろうとしたら、ちゃんとお金を出してくれた。1人目は忘れたが、2人目も3人目もそうだった。それも小銭だけとかでなくほぼ割り勘で出してくれた。
 もしかすると、失礼な言い方だがあまり相手にされないことが多いのか。私くらいの男ならONをするのに都合がいいからかもしれない。

●アプローチ法
 自宅近くの駅にて誘うようにしておく。
 こうした女子は家についてきやすいので、最初から近い駅を指定しておいてもだいたいOKしてくれる。

■新卒バリバリOL系

●概要
 こうした女性はまだ会社にも入りたてで好奇心旺盛な状態にある。すなわち、誘いにも乗りやすい時期と思われる。
※現時点で私が口説こうとしている女性は6/12(水)現在ではまだ会ってもいない。詳細がわかったら追記予定。

●実例
 6/11(火)、Twitterにてメッセージをやりとり。とあるツイートにて自分は採用の仕事をしており、フォロワーとオフ会をしたい、という内容だった。
 これを見て、自分とオフ会しましょうとDM送信したところ、なぜか承諾。それまでにあまり絡んでもなかったため、意外な展開だった。こんな出会い方もあるんだな。
 そして翌日に日付・場所を決めた。3つほど候補日をくださいと言われて、思わず面接みたいですねと返してしまった(笑)。
 決定した日付は6/20(木)、場所は新宿。家も職場も四ツ谷とのことだったので、妥当な場所がここくらいしか浮かばなかった。