読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某歌手の報道に関連した驚きの事実

いや、この報道にはびっくりしました。

まさか、あのASKAとこの会社の社長がつながっているとは。

というか、タイトルの慰安婦施設って一体何でしょう。
動画の後半部の2ch情報? にも書いてありました。

会社ってそんな施設を持ってるものなんですかねぇ。

先週の仕事ぶり

仕事って、難しいな。

ここ最近、職場での失敗が増えてきて、より一層その思いが強くなりました。

これは、できる仕事量が増えてきたことと関係があるでしょう。

任される仕事が増えた分、失敗も増えてくるわけです。

ではなぜ、仕事量が増えると失敗もそれに比例して増えるのでしょうか。

それは、自分の裁量に委ねられてこなす仕事が増えるからです。
まだ新人のうちは仕事を教えてもらう段階です。
そこに自分の裁量というのが入る余地はなく、
言われたことをただやる、という段階です。

しかし、入所して一ヶ月もするとそうもいかなくなります。

もはや、新人ではないため自分なりの判断も求められます。
そのため、仕事も与えられるのではなく自らとりにいかなければ
なりません。

正直に言うと、私は会社の仕事というのがいまだにわからないことだらけです。
仕事がというより、物事の理解自体が困難な場合がたびたびあります。

一度聞いた話をすぐに理解できなかったり、
何度も聞き返してしまい相手にイラつかれたりすることが多々あります。

(簡単に断言はできないのですが、学習障害の傾向があるかもしれません)

言われたことをそのままやることならできますが、
その意味を考えながらやるのはかなり苦手です。

ある日、職場の先輩に言われたことです。
君は応用力がないか、かなりの頑固者であるかのどちら、あるいは両方なのかもしれない。
私の性向をピタリと当てられた気分でした。

職場の先輩・上司にはまだまだ、たくさん助言をいただきましたが、
いかんせん忘れやすいのもあり、いま思い出せるのはこれくらいです

他にもまだ書けそうなことはありますが、長くなってきたためこの辺で。

何となく、始めました。

人が何かを書きたいときというのはどんな時でしょうか。
これだけは言いたい、言わなければ死ねない、言いたくてたまらない。
そうした切実な思いで書き出す人もいるでしょう。

また、自分の脳内の情報を整理したくて書き出す人もよくいます。
情報をアウトプットして有効活用していこうというわけです。

私はといえば、書きたい気分の時に書かなければいつまでも書かない。そんな自分の性分を理解した上で是正していこうと考え、書き始めました。

まあ要するに、なぜか書く気が起こったため日記を始めました。

アニメ・漫画や音楽などの趣味や仕事のことなども簡単に綴っていきたいと考えています。

よろしくお願いします。