読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職したい

 ここ最近、転職のことばかり考えています。
 入社したばかりの時に、ここで最後までやっていくぞ、と意気込んでいたのも嘘のようです。
 転職経験者のかたはよくわかると思うのですが、だんだんと日々の仕事に嫌気が差してくるんですね。
 で、転職サイトを暇があればザッピングするように見ていく。とまあ、そんなことを繰り返しているわけです。
 そもそも、現在私がしている仕事は仕事というよりも作業が多めです。
 この仕事を生涯やっていけるか、というと到底不可能なように思えます。
 しかも給料が安いのです。

 つい最近の話ですが、DODAが主催している転職フェアに出向いてみました。水道橋駅近くの東京ドームで行なわれていたものです。
 そこでとあるIT企業のサーバエンジニアをやっているという人と会い、次の週の木曜日に食事をしにいきました。
 ファミレスで仕事の話などをしていたのですが、給料が安くて困っています、と私が言ったところ衝撃の言葉がその人から出てきました。
「月に28万くらい?」
 私はうろたえました。三十万近くもらえるのって安い部類に入るんでしょうか?
 さすがに具体的な金額をいうのは恥ずかしかったのでそれよりはもらってないです、とだけいっておきました。
 ここからわかるのは、その人は少なくともその辺りの金額はもらっているということですね。安さの基準が若干高めの気がしますので。
 それよりも解せないのは、私よりも多く稼いでいるはずの彼が一番安いメニューを頼んでいたことです。
 こうしたメニューの頼みかたをする人はとある人々の特徴だと思うのですが、それはまた別のエントリで書いてみることにします。