【雑記】10月2日(火)

14:12 2018/10/02

●Wordの文書を作成

 Wordを用いて文書作成をしていると、自分が今までいかに機能を使いこなせていなかったかを思い知る。
 もっと、色々なことを学び使える人材を目指したい。

 とりあえず、作成してみて気づいたことを列挙。

1.見出しのつけ方

 今まで、適当に人の文書からコピペで済ましていたが、ちゃんとリボンの所から作ることを覚えた。今までどこかでWordで文書を書いたりはしていたが、あまり覚えていなかったようだ。

2.見出しの挙動で気づいたこと

・Wordの左側部分にはCtrl+Fでナビゲーションというのを出せるが、そこに見出しが組み込まれていること。これは、見出しをクリックすればその見出しの最初のページに飛べるように仕組みが施されている。

・出てきた見出しを右クリック⇒[レベル上げ][レベル下げ]ができる。
 見出しを上げ下げすることで項目の整理ができる。

・見出しを下げると、下にあるものも同じように下がり、つけられていた項番も消えてしまうことがある。

・そうなった場合は、項番のつけなおしを行なえばよい。項番のつけ直しはリボン部分の「段落」もしくは「アウトライン」を使う。


●回線速度と有効エリアの話

 昨日10/2(火)、夕方4時くらいに私のデスクの向こうに座っている三人の社員が、うちの会社の事業所で僻地にあるところとのネット接続方法について会話していた。
 ADSLはアナログ線なので、純粋に距離の遠さで信号が減衰してしまう。
 ということは、光だと減衰はほとんどないということなのか? 昔、基地局から距離が近いほうがネットは早いと聞いたが、ADSL時代の話なのだな。確かに光ならどれだけ距離が離れてもインターネットの回線速度にあまり関係はないと言える。

 少し気になったので、調べてみたい。


●iTutor

 iTutorというソフトがあって、マニュアル作成ソフトなのだがかなりの高性能な代物だった。
 ぜひ、覚えて社内の人に広めていきたい。手順書を動画として見せられるというたぐいのもので、eラーニングにも使う予定という。
 とりあえずブックマークに公式ページを入れておいた。