【雑記】10/29(月)

10/29(月)

●サークルと人間関係

 最近、あまりサークルのメンツとかかわっていない気がする。
 理由を考えてみると、二つ出てきた。
 正直、人も増えてきたし誰と仲良くなれるかもよくわからない。
 言ってしまえば、疎外感を感じることも多く、心が離れつつある。
 入ったばかりの時は、人数も少なく内輪感があってよかったが、今では人が増えてきて、何となく派閥が出来上がってしまっている。そこに乗り損ねたので、色々と悶々としている。
 会社と違って、給料をいただいているわけではない。だから、いつでも辞めることはできる。ただ、辞めてしまえば、もうサークルのメンツとは会うこともなくなる。いつでも会いたいわけではないが、定期的な飲み会で顔を合わせたいという人はいる。そうした人に会えなくなるのは寂しい。
 書いていて気づいたが、自分の都合のいい時にだけ顔を合わせたいだけなのだな。それなら、それでいい気がする。
 自分の都合のいい時だけ会うだけなら、それは仲良くなるのは難しい。虫がいいことばかり考えているから、深い仲になれないのだ。これは、少し反省したほうがいい。

 ただ、自分の気持ちにきちんと向き合ってみると、もういいかなという思いも確かにある。
 サークルに入ってやりたいことは一通りやれたし、未練はあまりない。
 辞める言い訳はいくらでもある。仕事に専念したい、とか人間関係になじめなくなったとかそんなものでいい。たぶん、代表に言えば少しやり取りの必要があるが、もめたりはしないはずだ。
 結局、その人が人生をどう過ごすかなんてその人の勝手だ。誰がどうなろうが知ったこっちゃないし。


●匿名性の暴力

 どうでもいいけど、攻撃的な根暗って恐ろしいな。単に根暗なだけの人は、おとなしい性格が多いからそれでいい。けど、そういう人がインターネットで内に秘めている攻撃性をむき出しにする瞬間ってマジで怖い。
 何が言いたいかというと、Twitterは恐ろしいなということ。
 こちらが特別に不快なことを言ったのならわかるが、それにしても粘着質すぎる。人の発言に粘着してる暇あったら、自分のことを省みろボケが。
 こっちのほうが不快でしかない。一言二言でいえば済む話をねちねちとやる必要ねえだろうが。
 もっともらしい正論で人をやり込めて悦に浸ってる暇があったら、自分の人生をよりよくする努力をしろ。あと、やりすぎと思ったら謝罪しろ。やりすぎということがわからないなら絡むな。
 

●コミュニケーションの要点

 自分から歩み寄らないと、相手も歩み寄ってはくれない。
 が、歩み寄ったからと言って相手が受け入れてくれるとは限らない。
 その場合、2パターンある。
 一つは、相手がこちらに興味がない、敵意があるという場合。
 これだとどうしようもない。相手に受け入れる気がほぼないということだから、押しても引いてもびくともしない。
 二つ目は、すぐに受け入れると軽く見られる、と相手が考えてわざと受け入れてこないという場合。